介護ICT製品・介護ロボット等のデモ体験・導入のご相談・お見積り・資料請求などお問い合わせはこちら
phone_in_talk 075-744-6512

経営理念

「常識にとらわれず、新しい常識へ挑戦する」
エクセレントケアサポートの経営理念・ビジョン・バリュー・代表紹介

経営理念

常識にとらわれず、
新しい常識へ挑戦する

ビジョン -Vision-

イノベーションを通じて、
すべての人々のQOL向上に貢献し、
安心して暮らせる社会を目指す

バリュー -Value-

販売代理店(人)ではなく購買代理店(人)、
そして開発代理店(人)へ

お客様に満足頂けることが我々の喜びです。
商品の販売を代理しているのではなく、お客様の購買を手助けします。
お客様のニーズを正確に把握し、お客様が本当に求めている製品やサービスを開発します。

代表挨拶

医療から介護業界への転身、明日(未来)への挑戦

幼少期より人の役に立ちたいという思いがあり、大学で学んだ知識を生かし、医療に貢献できる医療機器メーカーへ入社しました。医療機器メーカーでは企画、研究、開発、生産構築、営業と経験し、お客様のニーズを正確に把握し、自分たちが企画、開発した商品をお客様に使っていただき、満足いただけたことに喜びを感じていました。
その様な中、両親が運営する介護施設を訪問する機会があり、介護現場で働く人の大変さを目の当たりにしました。ただし、誠心誠意ご利用者様の対応をされており、職場にも活気があり、皆様誇りをもって仕事をされているのだと感じました。また、そこで出会ったご利用者様の笑顔は今でも忘れられません。そこで、介護業界でも、何か自分にできることはないかと自問自答した結果、医療機器メーカーを退社し、新たに介護ロボットや医療機器、福祉用具などを取り扱う会社を設立することを決意しました。
2020年Covid-19が流行し、医療・介護業界に多大な影響を与えております。弊社は現場の最前線で働いている方のご負担やご利用者様の日々の不安を少しでも軽減できるように、また、2025年には介護人材が約38万人不足するといわれておりますが、介護の魅力を少しでも皆様に感じていただけるような活動ができる会社を目指してまいります。

株式会社エクセレントケアサポート
代表取締役社長
大川 寛正
株式会社エクセレントケアサポート 代表取締役社長 大川 寛正

代表プロフィール

大川 寛正 Okawa Hiromasa
金沢大学大学院 博士前期課程修了
座右の銘:勇猛邁進 一期一会
2008年大学院修了後に医療機器メーカーに研究職として入社し、注射器の研究・開発に従事
2009年注射器のプロジェクトの一つで開発から工場移管までを担当し社長賞を受賞
2010年工場移管時の品質システム構築の経験を生かし、海外工場への品質マネジメントシステムの指導を行う
2014年注射器のプロジェクトマネージャーとして国内外に対して新商品の企画・開発を担当し大学との共同開発など産学連携の促進もはかる
2018年自ら企画した商品の国内製造を行うため、ドイツやイタリアから最先端の製造設備を買い付け、工場へ導入し、生産構築、同時に本設備で製造した商品の営業も担う
2020年医療機器メーカーを退社後、株式会社エクセレントケアシステムに入社
2020年8月 株式会社エクセレントケアサポート設立


お問い合わせ

製品のデモ体験・導入のご相談・お見積り・資料請求など、
各種お問い合わせは下記よりお気軽にお問い合わせください。

arrow_upward