介護ICT製品・介護ロボット等のデモ体験・導入のご相談・お見積り・資料請求などお問い合わせはこちら
phone_in_talk 075-744-6512
転倒骨折リスクを軽減

ころやわ

転んだときだけ柔らかくなる置き床で、
転倒による骨折リスクを軽減します

転んだときだけ柔らかくなる置き床「ころやわ」

こんな悩みをお持ちではありませんか?

  • check_box 施設内での転倒による骨折数が、なかなか減らない。
  • check_box 離床センサーをつけてはいるけれど、対応が間に合わない。
  • check_box ベッドのそばに衝撃吸収マットを敷いてみたけれど、離床のたびに片付けるのが大変。時には出し忘れてしまうことも…
  • check_box 転倒骨折予防のためにマットを敷いたが、患者様・ご利用者様がマットに足を取られて転んでしまった…
  • check_box 看護師・介護士の人材不足
  • check_box 事故になれば業務効率や評判も落ちる
  • check_box 事故が訴訟となる場合もある

転倒骨折リスクの軽減に「ころやわ」

ころやわは、歩いている時は硬く転びにくく、転んだときには床面がへこみ、高い衝撃吸収性を発揮する置き床です。
歩行時の安定性にも優れ、車椅子や電動ベッドも使えるため、衝撃吸収マットのように出し入れをする必要もありません。
ころやわは骨折リスクを軽減し、看護師・介護士の心身の負担を軽減いたします。

ころやわ:歩いているときは硬い

歩いているときは硬いから…
患者様・利用者様が転びにくい。
車椅子も走行可能です。

ころやわ:ころんだときは衝撃を吸収する

ころんだときは衝撃を吸収し、怪我を防ぐ
歩行からの転倒時、衝撃を約50%軽減

※「ころやわ」の仕様(表面材や厚さ等)により、沈み込み量は変動します。実際にご利用いただく仕様は実用上のため、写真ほど大きくは凹みません。

ころやわ製品紹介動画

ころやわの衝撃軽減効果

ころやわはフローリングに対して、立位からの転倒時に大腿骨にかかる荷重を、約半分の衝撃に抑えることができます。

立位からの転倒時に大腿骨にかかる荷重
※名古屋大学工学研究科 機械システム工学専攻 水野研究室にて測定
※転倒・骨折を100%防げるものではございません。

設置例

マットタイプ
ころやわ:マットタイプ

内装工事不要で、置くだけでご利用いただけます。

設置タイプ
ころやわ:設置タイプ

個室の床の全面または一部分に設置します。
(1日程度の内装工事を伴います)

  • check_box マットタイプ、設置タイプどちらも既存の床の上に設置できます。
  • check_box 厚さ約2cm。元の床との境目には浅いスロープ(長さ30cm)を設置可能です。
  • check_box サイズ・スロープの位置はご相談ください。
  • check_box 杖、車椅子では凹みません。
  • check_box 掃除や消毒は既存の床と変わりません。丸洗いも可能です。

デモ体験 受付中!

転んだときだけ柔らかくなる置き床「ころやわ」のデモ体験を実施しております。
デモ体験をご希望の方は、下記のお問い合わせよりお電話やメール等でお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

製品のデモ体験・導入のご相談・お見積り・資料請求など、
各種お問い合わせは下記よりお気軽にお問い合わせください。

arrow_upward